小市民の床屋談義

日本のごく普通で平均的な男が日常の事柄で感じたことを好き勝手に書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛車歴 バイク編

固い話ばかりだったので、ここらで趣味の話。

オートバイが好きで、車も好き。十代の青春時代は空前のバイクブームの始まりで私と同世代(1960年代生まれ)の男性はけっこうオートバイに乗っていたと思う。

オートバイというと、ワイルドで男らしいイメージを持つ人もいると思うが、当時は今で言うところの「おたく系」の人もかなり乗っていた。かなりライダーのタイプに幅があった。走り屋系、カスタム系、オフ系、ツアラー系など。

信号待ちで止まると、見ず知らずのオートバイだけで5、6台が並ぶということも珍しくなかった。そしてほとんどの場合、信号が青になると自然と競争になってしまっていた。

時代もバブルに向かっていたので、車もオートバイもメーカーは燃費など二の次でパワー競争(750CC以下は自主規制という謎はあった)。オートバイなどは最高速が販売に影響をあたえるほど。男の子は最強とか最速とかに弱い。高校生の頃、愛読していた月刊オートバイでは定期的に最高速とゼロヨンの計測を行い記事にしていた。

当時は400CCクラスで200km/hほどで、750CCクラスで220km/hほどだったような。750CC以上クラスで250km/h前後がそれぞれ最高速。
憧れていたのは、スズキ1100刀やカワサキのGPZ900R。免許制度で中型二輪までしか教習所で取れない時代の高校生にとって免許的にも金額的にも高嶺の花。
400CCのオートバイが新車で60万円の時代にスズキ1100刀やカワサキのGPZ900Rは120万円~140万円だったかな。もう25年くらい前の話ですが。

現在は300km/hオーバーのオートバイが200万円以下で手に入る。すごい時代です。

思い起こすと17歳で免許を取って以来、45歳の現在までオートバイを所有していない期間がない。

以下車歴

1.ホンダ タクト (中古)17歳

2.ヤマハ RX50 (中古)17歳

3.カワサキ AR50 (中古)17歳

4.スズキ GSX250E (中古。父親の知人より譲りうける)17歳

5.ホンダ VT250F (新車。上京後、大塚駅南口前でガードレール激突廃車)18歳

6.ホンダ CBR250Four (新車。奥多摩など走り回る)18歳

7.ホンダ VFR400R (新車。早朝の首都高を走り回るのが日課。筑波サーキットを走行)20歳
  ホンダ シルクロード (セカンドバイク。オフロードをウロウロ。バイク便のバイト)

8.スズキ バンディッド400(新車。ツーリングに目覚め北海道をウロウロ)22歳

9.ホンダ スティード600 (新車。いきなりジャンルが変わりアメリカン)23歳

10.カワサキ ゼファー750(新車。形が気に入り乗り換え。グリーンメタリックに全塗装しモリワキのショ ート管で爆走。巣鴨でトラックの下敷きになり骨折、顔面を縫いサイボーグ化。一時、堅気とは思えない顔となる)25歳

11.カワサキ GPZ900R (新車。懲りずにヨーロッパフルパワー仕様。250km/h出るぜ。まるで新幹線)27歳

13.ハーレーダビッドソン スポーツスター1200 (新車。介護、育児、仕事と乗る時間が減りのんびり走りたくなり購入)33歳

14.ハーレーダビッドソン ダイナスポーツ (中古。スポーツスターと取替えっこ。もう10年以上になる)
   スズキ アドレス125 (中古。お買い物、娘の送迎用)現在にいたる。

中二の娘も最近、オートバイに興味をもち始め後ろに乗せてとせがむようになってきた。
このままいくと、いつかは娘と北海道ツーリングかな。
スポンサーサイト

イチロー選手の言葉

日刊スポーツでイチロー選手のインタビュー記事で、ある言葉に反応してしまった。

内容は、年齢からくる衰えについての質問に対し、

「確かに紅白歌合戦を見ていると演歌の方が気持ち良くなってきたり、テレビに出ている人の言葉の使い方がやたら気になったり、肌が乾燥しやすくなったりもしている。自分も年を重ねてきたのかなあと実感することはあります。」

なんと、あのイチローでも。孤高の天才でサムライでヒーローでスーパースターのイチロー選手が。

私のような凡人がイチロー選手と比べるなどおこがましいのだが、「イチローもなの~」とうれしくなってしまった。特に演歌のくだり。

私もなぜか三十代後半あたりから演歌が心地よいと感じるようになってきた。

若いときは演歌など興味も無く洋楽やロック、ニューミュージック(いまどき言わないかな)などを聞いてはオートバイを乗り回していた。

それが不思議なことにある年齢を境に演歌の旋律や節まわしが妙に心地よく、気が付くと北島三郎や森進一の歌を口ずさんでいる。その姿は、まさに子供の頃によく見かけたおっさんである。


私は、子供の頃に感じていた「おっさん」のイメージに一歩づつ近づいているようである。


少し心配だったが、天下のイチロー選手もそうなら良しとすることにしよう。

はじめに

床屋談義の意味を調べると、「うわさ話、へたな批評、素人解釈、しったかぶりの解説」などとあります。



私の個人的イメージとしては散髪しながら、馴染みの床屋の親父や客同士で勝手気ままに政治批評したり自分がプロ野球の監督になったつもりで采配を批判したりするイメージですね。


まあ 世の中の殆どが素人だらけなわけですから、そんな床屋談義のノリで色々と書いていこうと思います。

 | ホーム | 

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。