小市民の床屋談義

日本のごく普通で平均的な男が日常の事柄で感じたことを好き勝手に書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の後退

久々です。

最近、忙しくしているのですが、あまりにも将来の日本を憂いて書いて
みました。

最近の日本人はいちじるしく後退している。


たとえば、生活保護の問題。

「最低賃金より高いから下げろとか、不正受給を防ぐために厳しくしろ」
などの発言をよく耳にした。

しかも、声高らかに発言しているのが低収入の低階層の人たちに多い。

馬鹿である。


世界の歴史は資本家による搾取から、労働者の権利を勝ち取るための歴史であった。

労働三権も有給休暇も最低賃金法も昔はなかった。

それを、市民の力で変えてきたのである。


そこを理解していれば、「最低賃金を生活保護より上げろ」となるのが正しいはずだが、

新聞、テレビに飼いならされた人々は生活保護を受給している方に攻撃の矛先が向かう。

弱者と弱者を戦わせて不満をそらす手法は共産主義国家や独裁国家で行う手法である。

そして、その片棒を率先して担いでいるのが大手マスコミ。

よくマスコミや御用学者が使う表現で。「欧米諸国では」「欧米諸国に比べ日本では・・・」


言っておくが、欧州と米国では白と黒ぐらい人権意識や国の統治方法が違う。

一般的にマスコミが「欧米」、「グローバル」などと表現するときは99パーセント、「アメリカ」の事である。

そして、国(財界)に都合のよいアメリカルールばかり報じて、都合が悪いことは報じない。



解雇が簡単なのはアメリカであり、欧州ではおおむね日本より厳しい。
アメリカ並みに解雇しやすくするのであえれば、アメリカのように採用の
際は人柄や年齢、性別、犯罪歴さえ無視して能力のみで採用するべきである。

日本のように求人条件に35歳以下の表記があれば差別とみなされる。

また殺人犯であっても刑期が終わっていれば不採用の理由にできないし。
まあ、日本の履歴書みたいに賞罰欄がないから申告する人いないけど。

個人的には仕事ができる元殺人犯より、仕事のできない人柄のよい人と仕事がしたいが。


面接の際に、住所、年齢、性別、宗教、人種、犯罪歴など仕事のスキルに
関係のない質問をすることは許されない。すべてハラスメントや差別的と認定される場合がある。

日本の企業の面接はすべてアウトであるし、労働者に対しハラスメントや差別などを行った
場合には数十億円といった賠償金の支払いが発生している。


要は、日本の財界は解雇はしやすく採用は従来どおり日本的に行い、不法行為にたいしてもアメリカ並みに
リスクを引き受けないと言っている。




欧州では医療費が原則無料なのでがん保険は存在していないがアメリカは健康保険制度がないから
がん保険どころか、民間の保険会社にはいっていないと病院に行けないし、病院により治療費も
違う。(腕がいいと高い)


日本の生活保護受給率はアメリカより低く、先進国でもまれにみる低さである。


民主党が高校の無償化を行ったが、欧州においではとっくに無償である。


はっきり言えるのは、欧州が長年かけて手に入れてきた国民の権利を、資本家のために
後退させようとするのがアメリカなのであり、それに従おうとしているのが最近の日本である。


アメリカのような新自由主義国家は、愛国とは企業の利益であり従来の愛国とは違ってきているのあり、
企業が利益を上げるには国家すら邪魔な存在となり、まさにグローバル化し、世界中がアメリカンルール
で商売ができる事が目標である。

各国の文化的、宗教的、イデオロギー的なすべての規制やルールは商売上において、邪魔でありその撤廃
がTPPの根底であるし。


話はそれたが、惑わされてはいけないのである。

労働者の権利、知る権利、生存権などが脅かされるような法律改正を日本は行おうとしている。

弱者同士で争っている場合ではないのである。





スポンサーサイト

公明党は解党して自民党の一派閥になったらどうかな

公明党の話題にふれる場合、色々と複雑な問題が絡んでくるのでなかなか踏み込んだコメントをする評論家や著名人が少ない。

また、ふれたとしてもくだらない陰謀論だったり、冷静さをかいた悪意に満ちた批判であったりする。


昨日、消費増税法案が民主、自民、公明の三党による賛成で衆議院において可決された。

反対したのは、一部の民主党議員、共産党、みんなの党。


民主はいまさら語るもアホらしくマニフェストでやると言ったことはまったくやらず、議論すらしないと言っていた事(消費増税等)を次々行った。

自民党より自民らしくなってしまった。

私がキレて愚痴る必要もないくらい、各方面でキレている人たちがいるのでここではふれない。

次の選挙で民主党は消滅すると思う。


自民はもともと消費増税をしたい政党だったので、昨日の賛成にまわったのは政党としてブレていない。個人的に賛否は別として理解できる。

そんで、公明党はどうかといえば今や存在意義が見つけられない。


個人的なイメージとして、地方自治において公明党と共産党はよくやっていると思う。

地域の生活において、主婦やお年寄りにおいて大切なのはイデオロギーなどではなく日々の暮らしである。歩道が狭くて危険だとか、子供の通学路に信号がないから何とかしてほしいとか。


そんな、ちまちました事に耳を傾け支持を広げてきたのがこの二つの政党だと思う。

そんな事だから自治体によっては与党になっている地域もあるのもうなずける。

東京都など私が上京した時なんか共産系の人が知事だったし、現在の都議会では公明党が与党だし。


その中で、公明党の変節が著しい。


公明党は保守中道ではなかったのか?
弱者にやさしい政党ではなかったのか?
福祉の党ではなかったのか?

もはや面影もない。

今の公明党ははっきり言って新自由主義に邁進する極右政党である。


最大の支持母体の方々が昔と違い、裕福になったからもうよろしいのか。

昔は貧しい人や病人に優しい政党だったように記憶しているが。


今の公明党は原発に関しても消費税にしても資本家側ばかり見ている。

以前の(小泉政権以前)公明党なら原発にも消費増税にも反対していたはずである。
少なくとも、社会保障を明確にしてからの消費増税を主張するはずである。

もはやキャスティングボードにもならない。暴走に対しブレーキ役になれないのなら存在意義は無い。

政策の内容で判断する政党ではなかったのか。

次に総選挙があれば、公明党もかなり議席を減らすだろう。

結党の原点に立ち返れないのでれば、もはや自民党と変わりないので解党して自民に入ればよい。


このブログを公明党関係者が見ることは無いと思うが、私の友人のエピソードをひとつ。

彼はバリバリの右翼であり、定期的に靖国神社に参拝している。

そしてかなりの愛国者でもある。

独身であるが、子供手当てや高校無償化が決まり、「子供がいない人には不公平」との声があった時にもこの国の未来を担う子供たちに税金が使われるのなら国益になると納得していた。

そして日本の伝統や気質、景観を愛し未来に残したいと思っている。

震災の際も、気仙沼出身の彼は三日後にはレンタカーを借り被災地であり生まれ育った気仙沼にガソリン、食料などを届けるために夜通し走った。

そんな熱い奴である。同胞が苦しんでいると黙っていられない。

そんな彼が、驚くことに昨年の統一地方選でなんと共産党に投票していた。

その彼の言葉、「自民、民主は自ら腐りはて、現時点では相対的に共産党がもっとも愛国心を感じさせる政党になってしまった」とのことであった。


昔と違い、情報を収集する手段が多様化され二元論で語れない事象が増えてきた。

右的思想だから自民とか、左的思想だから共産みたいに単純ではなくなってきている。

当然、公明党も。




現在、民主党の小沢氏は何を行うにしても批判されている。

消費増税反対というと造反と言われる。

だれに対して造反か?野田総理に対してか?

マニフェストを評価して投票した国民からしたら、消費増税に賛成した民主党議員が造反者である。


この小沢氏のマスコミからの叩かれ方をみていると非常に重なる。

内容の如何を問わずに批判されているところなんて、まるっきり。



何に重なるかって?


昔の公明党やその支持母体の偉い方に。
だって理不尽なくらいよく、マスコミに叩かれていた。


皮肉なものである。

身も蓋もない話

昨日、ラジオを聴いていたら野口悠紀雄 という人が日本経済について語っていた。

どんな肩書きかというと、一橋大学名誉教授、早稲田大学ファイナンス大学院総合研究所顧問とたいそう頭の良さそうな人である。

そのラジオで彼の主張である、「製造業は国を滅ぼす」をテーマに解説をしていた。

ラジオのパーソナリティはその野口教授の意見に異があるようで、さかんに食い下がり質問をしていた。どうもパーソナリティもアシスタントの著名な作家の方も教授の話に違和感を感じているようであった。

私も釈然としないというか、それがどうしたの・・・って感じた。


私が馬鹿なのか話を聴いていてとても、この野口教授が肩書き通りの知的な方なのか疑問を持ってしまった。

私は大学中退のしがないサラリーマンなので理解不能なのか。


野口教授の製造業が国を滅ぼす 理由は以下のようなものであった。記憶している順番で記してみる。(あくまで私個人が感じた認識です)

1.20年ほど前から製造業は駄目になってきた。

2.テレビなんか国内から撤退してしまった。

3.車なんか50パーセントは海外生産である。

4.自動車なんか補助金のおかげで売れているだけで先はない。国が補助金などを使って守っているのは農業と同じ道をたどり衰退する。

5.これだけ円高であるので、海外で生産するのは世の流れである。製造業は儲からない。

6.アップルは企画、デザインと販売のみ行い、製造はコストの安い海外の会社に委託していて自社で生産していない。なのでアップルを参考にしなさい。

以上が理由のようであった。

私が解釈したのは、円高でさらに日本は人件費が高く、国内で製造したものは低価格を実現できないので、人件費の安い海外で生産するしかない。それにもかかわらず、製造業に固執していると日本の経済が駄目になってしまうということ。

当たっているかな。

でも、この手の話は色々な経済評論家が言っていたことではないか。

中国やインドは人件費が安から、日本国内の商品などはほとんど中国製だったりするし。


それに対して対策はというと。

1.シリコンバレーの成功事例を参考に他にないものを考えてベンチャー企業を起こす。

2.若い人は国や大手企業をたよらず起業せよ。(大手製造業は無くなるので)

3.国は援助などしないで、企業の自立を即す。国が援助すると駄目になる。

4.とにかく新たなビジネスモデルを見つけるしかない。(もはや精神論)


そして最後に「具体的には私も分からないが」と野口教授が言い放ったのはずっこけた。


まさに見も蓋もない話である。

それが出来たら苦労はない。(だからその方法を教えて)

他国の企業が思いつかなくて、画期的で、真似のできない技術のビジネスが簡単に出来ないから日本に限らず困っていると思うのだが。


野口教授はレノボをベンチャー企業で業績を伸ばしていると成功例として取り上げていたが、その時点で私と認識が違う。

個人的に2台も所有しているThinkPadというノートPCも今はレノボという中国の企業が生産している。

もともとは米国IBMのブランドであったが数年前にレノボが買い取った。

どこがベンチャー企業なのだろうか。レノボは中国の国策として資本集中した企業が世界中のブランドを買収している一環だと認識していたのだが。

近年の韓国企業の躍進もかなりの国策だと言われているし。

確かに野口教授の言うように、日本においては半導体が国策で失敗している事実はあるが、それ一点で国の援助が企業を駄目にするといいのは短絡的なように思う。

アメリカの自動車も最近、国が税金を投入したから駄目になっているといっていたが、これに関してはもはや、詭弁であると感じてしまった。

去年ぐらいから、アメリカの自動車は売れている。
コンパクトになり燃費も良くなっている。

アメリカの自動車が駄目になってきたのは1970年後半頃ではなかったか。

株主の利益優先で設備投資や研究開発に費用を投入しなかったため、燃費がよく故障の少ない日本車やヨーロッパ車に市場を奪われてしまったの原因だと思うが。

それに、製造業の王様のトヨタ自動車の利益のすごいこと。トヨタにとって変われるメーカーってどれほどあるのか。


まあ、素人の意見なので絶対的な自信はないのであるが。


話はそれたが、要は何の解決にもならない問題提起をするだけなら、まさしく素人の床屋談義である。


私は素人だから、心配になる。

企業が人件費の安い海外に生産拠点を移すと、教授の言うように新たなビジネスを見つけられない多数の下請け会社や労働者は失業する。

すると失業率があがり、国内の平均年収も下がり自国の商品を買えなくなり、さらに企業は儲からない。

グルグル回ってどんどん悪くなると思うのは素人考えだろうか。

海外に進出した企業にしても、最初は人件費が安いかもしれないが、今の中国をみると賃上げ要求によるトラブルが頻発している。

当たり前である。日本企業で同じ工場で日本人と一緒に同じ仕事をしているのに給料が10分の1だと発覚したら怒るよね。

しかも、ほとんどの国の人々は日本人みたいに権利に対して鈍感ではない。

結局、企業は人件費のやすい途上国に転々と移転して生産するが、そのおかげで途上国が裕福になり人件費も比例して高くなるからメリットも小さくなる。

1000年後にはどこの国で生産しているのであろうか。

ぜんぜん分からない。

この教授の意見に反し、最近発表されたニュースがある。

先ほどの話題にものぼったレノボをはじめhpなどのパソコンメーカーは今後、生産拠点を中国などの諸外国から日本国内に移すそうである。

理由は品質と納期の問題を考慮すると日本国内のほうがメリットが高いということらしい。


なんと中国企業のレノボがである。そして私がセカンドマシンとして購入し、最近届いたThinkPadでこの文章を入力しているのである。

小沢一郎の控訴

小沢一郎がどんな悪いことをしてきたか具体的に言える国民ってどのくらいいるんだろう。

新聞やテレビが絶対的に正しいと信じて疑わない人にとっては兎に角、小沢は悪い奴となってしまう。

話題の陸山会事件しても具体的に何が問題になって刑事告訴されているかよく理解できない人が多いのではなのだろうか。

裏で金をもらったとか、そんなイメージかと。

報道によれば収支報告書に「嘘の記載をした」容疑のようである。
要は本来記載しなければいけない年度に記載されずに、翌年度の収支報告書に記載してしまった。

これを「嘘の記載」と表記するか「間違って記載」と表現するかでイメージがかなり違う。
そしてこの手の記載間違いは小沢一郎に限らず、過去にはよくあったようで、修正してOKであったようである。

しかし小沢一郎の場合は、やばい金だからわざと年度をずらして記載したのだろうとなってしまった?

確かに悪人顔と言われれば、そう見えなくもない。
時代劇で代官と越後屋が密会しているシーンを演じると似合いそうに思えなくもない。

しかしだからと言って、何故にここまで大手マスコミに叩かれなければいけないのか腑に落ちない。変な違和感を感じている人もけっこういるように思う。もはや、いじめのようである。

逆に小沢一郎が政治力を発揮するとやましい事があるのではないかと勘ぐってしまう。
記者クラブを解体されたら困る皆さん、消費税を上げてもらわないと困る皆さん、政治主導されると困る皆さんあたりか・・・。


私は小沢一郎は清廉潔白でまったくきれいな政治家だとは思っていない。

昔は新自由主義的な発言が多く、個人的には好きではなかった。

でもマスコミが異様なまでに叩くので、判官贔屓の感情がムクムクと。


マスコミって記者や評論家が機密費をもらっていた件はウヤムヤで報道もしない。
某プロ野球球団は入団選手に裏金数億円単位で渡してもウヤムヤ。

どちらも、もらった人は確定申告しているのだろうか?
機密費や裏金は表に出たらマズイ。でも申告しないと脱税になっちゃうし。
実に、不思議である。一般のサラリーマンには理解出来ない世界。

そして、なによりも恐ろしいのは裁判になっただけで悪人で犯罪を犯したようなイメージを植えつける報道をされること。

例えば、
①電車で痴漢の疑いをかけられ、やってもいないのに逮捕、取調べ。
②実名、会社名を公表され場合によっては顔写真が新聞に載る。家宅捜索でエロ本が数冊見つかったと報道される。
③その報道を見た人々はスケベそうな顔しているし、エロ本を隠し持っているくらいだから絶対痴漢やってるよねと思い始め世論形勢が出来上がる。
④裁判で無罪になっても報道されないか、小さな扱いの記事で人目にふれない。
⑤周囲の人々の記憶には痴漢で逮捕された人のイメージ固定化。
⑥社会的に抹殺されたまま。

恐ろしい話だ。


そして今回、検察が2度不起訴にした上で強制起訴され、一審で無罪。しかも検察が証拠を捏造していた。
それにも関わらず、報道は限りなく有罪に近い無罪などとわけの分らない日本語を駆使して小沢一郎は悪い人キャンペーンを行っている。

私の常識では一政治家の収支報告書の問題より、検察が証拠を捏造して有罪にしようとすることの方が国にとって一大事だと思うが、報道をみるかぎりどうも違うらしい。
もはや正義なんかどうでもいいのだろうか。スターリンは証拠をでっち上げ、次々と政敵を処刑した。俺が黒といったら白でも黒にしてやる的な国家は恐ろしい。

脳科学者の茂木先生が言っていたが、民主主義が熟成されていない国では政治家がやたらと刑事裁判にかけられるらしい。
確かにそう思う。政敵を粛清するために逮捕、裁判、有罪で抹殺する手法は過去に共産主義国家で日常的に行われていた。

日本はどうなんだろう。権力者(政治家、資本家、官僚などの広い意味)にとって都合の悪い人を抹殺するために、権力者が協力し合って潰しにかかる国家って???


国民に選挙で選ばれた政治家をある意図をもって特定団体の利益のために潰そうとする行為はとても民主主義国家とはいえない。


私は前回の選挙で民主党に投票している。色々と期待もした。その時の気持ちを思うと、マニフェストを蔑ろにし、消費税増税と語るドジョウ総理より、マニフェストを守り、消費税増税の前にやるべきことがあると言っている小沢一郎の方に道理があると思う。

個人的には小沢一郎の外国人参政権やアジアに対する政策には賛同できかねるが、今の民主党の中ではかなりまともな事をいっていると思う。


この際、本当に小沢一郎を潰したならいっその事、総理にしたらどうだろうか。

総理にしたら良くも悪くも注目されるし、駄目ならそれこそお得意の世論調査(世論操作)などを行いマスコミは叩きまくればいい。

本来、民主主義というものは投票行動で審判され駄目なら落選したり、政権が変わるのだから。

いまさら数ヶ月で総理が変わったところで、世界も驚かないだろうし。

どうだろうか。

 | ホーム | 

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。