小市民の床屋談義

日本のごく普通で平均的な男が日常の事柄で感じたことを好き勝手に書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこジャパン

最近の話題のほとんどはオリンピック関連が多いのでここでも流行にのってオリンピックの話。


女子のサッカーが予選の最終戦で意図的に引き分けを狙いにいって、結果引き分けで試合を終えた。

そして予選を2位で通過した。

監督は予選を1位で通過したした場合、

1.競技場を長距離移動することによる選手の疲労。

2.トーナメントの組み合わせ上、アメリカなどの強豪と同じグループになる。

などのリスクを考慮し引き分けの指示を出したというような報道がなされていた。


これに対し、批判的な意見を述べる日本国民が少なからずいた。


批判的な意見で私が目にしたものは、

1.引き分け狙いで点を取りにいかないような無気力な試合は、金を払って応援に行った人々に失礼である。

2.わざと引き分けをねらって強いグループをさけるのは卑怯。正々堂々と戦うべきである。

3.子供たちの教育上好ましくない。

など。


色々な見解があるとは思う。

でもこのような意見をいっている人たちは、予選を1位で通過し、次のトーナメントで強豪に負けた場合でも正々堂々と戦ったからメダルなど取れなくても、良くやったと褒め称えるのであろうか?


似たようなケースではバトミントンでトーナメントで有利なグループに入ろうとわざと負けた国に対して出場資格を取り消す処分がなされた。

しかし似てるがまったく違う。

わざと負けるのは誰でもできる。私でもね。

でも本気で勝ちにきている相手の攻撃を防いで引き分けるのは非常に難しいと思う。

力がないと本気の相手と引き分けるのは意外に大変なはずで無気力なプレーだと引き分けどころか負ける事だってある。


多分、今回の件を批判する人は、高校野球で敬遠や隠し玉などを球児が行った場合、「高校生らしくない」とか「卑怯だ、姑息だ」などと批判するのであろう。

よくある皮肉話。「敬遠や隠し玉を批判するなら、盗塁も学生らしくないだろ。相手の目を盗んで塁を盗むなんて。」もはや野球が成り立たなくなってしまう。



サッカーに話を戻すとトーナメントの組み合わせに関係なくても、試合展開や残り時間によって、ボールのキープ時間を長くしたうえでパス回しを行い時間稼ぎをするケースなどよくある話である。



オリンピックにおいて「参加することに意義がある」のは過去の話。(私的には意義があるのだが)

メダルを期待されて取れなかった時の、手のひらを返したような批判や罵倒を私は何度も見てきた。

柔道の小川直也などバルセロナオリンピックで金を期待されて結局、銀メダルに終わったのにもかかわらず堂々としていたため各方面から凄いバッシングを受けていた。

銀メダルでスミマセンとかお詫びをしてればよかったのか?


そんな事を思うと、なでしこの監督はメダルを取るために可能な限りリスクを排し、自ら泥をかぶりながらも冷静に選手に指示を送る頼もしいリーダーではないかと思うのだが。



こんなリーダー・・・国会や東電にいたら原発事故も起きなかったかもしれないと思うのは私の勝手であるが。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。